curio 芦屋

子供整体W.Sのお知らせ

IMG_6073

5/11私もずっとお世話になっている、富田しょうさんの子供向けの整体講座を開催します。
しょうさんは、子供を育てている今に出会えていて良かったと思える心強い存在。しょうさんに、私も子供もゆったり過ごせるヒントを沢山もらっている気がするんです。
そんな、しょうさんの今回のワークショップ、一人一人直接チェックアップもしてもらえて、とっても安心お得です。
 
 <ゆらゆら子ども整体ワークショップ>
5/11(mon)
⚫️午前10:30〜12:00
⚫️午後13:45〜15:15
(ランチタイム12:15〜13:30)
4500円(トアル食堂のベジ弁当付き。※ご夫婦で参加の場合、7000円お弁当2つ付き)
各回定員6家族
詳細
子どものからだをバランスよくゆるゆるに!自宅で短時間で簡単にできる子どものための整体法をポイント別に解説し、子ども整体の基本テクニックを習得できるワークショップです。子どものからだは柔らかいといわれますが、現代的な生活によって、子どもの頃から肩こり等があることは珍しくありません。0才から5才の子どものうち、のびのびと柔らかい身体の子どもは全体の5%から10%で、あとは肩、肋骨や骨盤に固さやこり、継続的な緊張があると私は感じています。ベビー期から幼児期にからだを十分にケアしておくことで、バランスよくしなやかなからだの発達を促すことができます。また、日々の生活の中でからだに触れていくことで、からだの異変をすぐに感じ、それに対して適切に対応していくことが可能になります。肩と肩甲骨の周りを柔らかくすることで背筋が緩んで、疲れにくいからだになっていきます。胸部はハートチャクラと連動しています。肋骨や胸部が緩んだ状態だと許容力が高くなり、精神的にも穏やかに、情緒も安定するようになります。骨盤は、運動の要となる筋肉が集中しています。仙骨を子どものうちから柔らかくしておけば、走る、跳ぶなどの運動能力について本来の力を発揮できるようになり、股関節や身体全体の柔らかさにもよい影響を与えるでしょう。子どもの日々のからだをケアするコツを覚えて、日常的に疲れを癒やしてのびのびしたからだをつくりましょう。
 
しょうさんのホームページhttp://manacoa.co.jp/energy/index.html